クラウド時代の情報システム構築

クラウド時代において、震災の教訓を踏まえた情報システムとは、どのようなものであるべきか。 本ケースには、①失われた住民情報、②災害業務と情報システム、③現場開発、④クラウドへの期待と不安、⑤避難先での業務再開――の5つの観点から、岩手・宮城・福島県内の11の市町の事例が記載されている。上記の問題意識に対し、自治体のみならず、一般企業に おけるシステム運用まで含めて考えるためのケース。

ケースクラウド時代の情報システム構築作成年月2013年1月作成者櫻井美穂子所属(作成時)慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科研究員著作権保持者櫻井美穂子

本ケースをダウンロード

以下のフォームに必要事項をご記入いただき、ダウンロードしてください。

お名前(任意)

所属 [団体名・学校名](任意)

メールアドレス※

この教材のことをどこで知りましたか?※
検索サイト・リンクにてSFC授業にて記事・MLにてその他(よろしければ教えてください)

この教材をどのように利用しますか?※
読む記事・論文の参考にする講義・セミナーで使うSFCの授業で使うその他(よろしければ教えてください)

今後アンケート等のメールを送ってもよろしいでしょうか?※
はいいいえ

営利利用をご希望される場合は、請求書および領収書をお送りしますので、下記必要事項をご記入の上、ケース購入申込みフォームよりお送り下さい。


ご購入フォームへの記入事項
  1. お名前・所属団体名・メールアドレス・住所・電話番号
  2. 必要な教材の名称・利用部数

Privacy Preference Center