住民ディレクター活動

デジタル化の進展により、誰もが、簡易に安価に、映像制作と配信を行える時代が到来しつつあるが、住民ディレクター活動は1990年代のはじめに着想され、1997年から熊本を中心に取組みが展開されてきた。活動の目的は番組制作プロセスを通じて地域づくりに求められる企画力を育てることであり、番組づくりは目的ではな「副産物」と表現されることが多いのが特徴的だ。

ケース住民ディレクター活動作成年月2007年5月作成者高橋明子所属(作成時)慶應義塾大学SFC研究所上席所員(オフィス アクション・リサーチ代表)著作権保持者慶應義塾大学・高橋明子

本ケースをダウンロード

以下のフォームに必要事項をご記入いただき、ダウンロードしてください。

お名前(任意)

所属 [団体名・学校名](任意)

メールアドレス※

この教材のことをどこで知りましたか?※
検索サイト・リンクにてSFC授業にて記事・MLにてその他(よろしければ教えてください)

この教材をどのように利用しますか?※
読む記事・論文の参考にする講義・セミナーで使うSFCの授業で使うその他(よろしければ教えてください)

今後アンケート等のメールを送ってもよろしいでしょうか?※
はいいいえ

営利利用をご希望される場合は、請求書および領収書をお送りしますので、下記必要事項をご記入の上、ケース購入申込みフォームよりお送り下さい。


ご購入フォームへの記入事項
  1. お名前・所属団体名・メールアドレス・住所・電話番号
  2. 必要な教材の名称・利用部数

Privacy Preference Center