資生堂アクアレーベル

資生堂は新ブランド「アクアレーベル」のプロモーションにおいてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のグリーと提携し、企業独自のネット会員制度の発展とSNSというオープンなコミュニティサイトとの連携を念頭に置きながら、リアルでの情報提供とネットでの情報伝播を意図したプロモーション活動を行った。消費者による情報発信が容易なネットでは顧客間での情報共有が迅速に進み、企業のマーケティング活動に大きな影響を与えうる。SNSの普及などによりネットコミュニティの拡大と進化が続く中、受動的な対応にとどまらず能動的かつ積極的にコミュニティ価値をマーケティング戦略に取り込むための道筋を考えるためのケース。

ケース資生堂アクアレーベル作成年月2007年6月作成者森田正隆所属(作成時)明治学院大学経済学部准教授著作権保持者森田正隆

本ケースをダウンロード

以下のフォームに必要事項をご記入いただき、ダウンロードしてください。

お名前(任意)

所属 [団体名・学校名](任意)

メールアドレス※

この教材のことをどこで知りましたか?※
検索サイト・リンクにてSFC授業にて記事・MLにてその他(よろしければ教えてください)

この教材をどのように利用しますか?※
読む記事・論文の参考にする講義・セミナーで使うSFCの授業で使うその他(よろしければ教えてください)

今後アンケート等のメールを送ってもよろしいでしょうか?※
はいいいえ

営利利用をご希望される場合は、請求書および領収書をお送りしますので、下記必要事項をご記入の上、ケース購入申込みフォームよりお送り下さい。


ご購入フォームへの記入事項
  1. お名前・所属団体名・メールアドレス・住所・電話番号
  2. 必要な教材の名称・利用部数

Privacy Preference Center